読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RT:ドヤリング

Twitterのドヤリングアカウント(@doyaling)の出張所です。文章が長くなるときにコチラ使用します。

Karabiner Elementsが完成したもよう

OS XがSierraに更新されてから、USキーボードのコマンドキーを英数/かなに割り当てるのに使っていたKarabinerというアプリが動かなくなりました。

Karabiner does not work on macOS Sierra at the moment.
We are developing Karabiner-Elements which provides simple key modification for macOS Sierra at first.
(Karabiner-Elements works well on macOS Sierra. We are working on fixing several remaining issues.)
We'll start updating for the full featured Karabiner for Sierra after Karabiner-Elements is completed.
https://github.com/tekezo/Karabiner-Elements


それでSierra対応版ができるまではKarabiner Elementsを使ってねという案内が出ているのですが、少し前までKarabiner ElementsはGitHubからソースコードを落としてきて自分でビルド、インストールしてねという状態だったんですよね。私はビルドに必要なツールのインストールに失敗したのでめんどくさくて放棄してました。


それが今日確認したら、パッケージ版(クリックすれば動くインストーラになっているもの)がすでに完成していて、簡単にインストール出来るようになっておりました!


GitHub - tekezo/Karabiner-Elements: The next generation Karabiner for macOS Sierra


↑のページのProject Status欄から直接ダウンロードできるディスクイメージを使えばいいです。


私がなんでUSキーボードを使っているかというと、単にデザインがシンプルでかっこいいからというだけの理由なんですが、英数/かなの切り替えがやはり不便です。入力ソースをひらがなと英数の2種類だけにして、command + spaceで切り替えさせればそれなりに使えると思うのですが、長年Karabinerで「左commandを英数、右commandをかな」に割り当ててきたので、そのクセが抜けません。
「今どっちの入力モードなのか」を確認するのが面倒なので、日本語入力をするときに反射的に右commandを押してかな入力にしておくクセが付いてるんですが、そのせいでcommand + なんらかのアルファベットで作動するショートカットがバシバシ発動して辛かったです。無意識に右commandを押してて一瞬の出来事なので、何のショートカットが発動したのかすらよくわかりません。
ショートカットのご入力が多発する上に、いまどっちの入力モードなのかも確認してから打たないと行けない状態になったのでとても鬱陶しかったです。これがKarabiner Elementsで解消したのでとても快適です。


Karabinerでは、ミリ秒単位で、キーを押す時間によってcommandとして動作させるかかなキーとして動作させるかを設定できましたが、これはKarabiner Elementsの方ではできないようです。ということは左右のcommandキーを英数とかなに割り当ててしまったら、commandキーがなくなってしまうので、どこかに割り当てないといけません。右commandはべつにcommandとして使うことがほぼないので良いんですが、左commandはコピペとかするときに使っています。


それで、今回はこれまでと少し違うのですが、右commandをかな、右optionを英数に割り当てて、左commandはcommandのままにしておいて、押す時間による使い分けをしないことにしてみました。今のところ、けっこういい感じで打てます。てかもともとやってた割り当てよりこのほうが良い気がします。
Karabiner Elementsで↓のように設定しました。


f:id:doyaling:20161218170945p:plain


とても快適。