RT:ドヤリング

Twitterのドヤリングアカウント(@doyaling)の出張所です。文章が長くなるときにコチラ使用します。

iPhoneで動画を撮るモチベーションを上げる

もっとiPhoneで動画を撮ろう

 昨日から同僚と、iPhoneでの動画撮影についての会話で少し盛り上がっていました。
 私がMaciMovieを使いはじめたのがきっかけではあるのですが、iPhoneiMovieもけっこう使えるということがわかり、ますます、日常の記録のために写真ではなく動画をもっと使っていこうという気になってきました。


 iPhoneでもけっこう編集できるというのは大発見で、うんこしながらiPhoneのライブラリに入ってる動画をつないだりトリミングしたりして、音楽を重ねて字幕を貼ったりするだけで、それなりの作品になったりします。
 動画がなくても、写真を並べて音楽を重ねて動画にすることもできますしね。
 
 
 写真は写真でいいんですが、短い動画を撮って切り貼りするだけでけっこう面白いものになって、写真なんかより断然臨場感があります。また、過去にそれなりに動画も撮っているのですが、細切れのまま置いててもあまりおもしろくないので、やはりつないで編集したほうが絶対いい。


 YouTubeには、iPhoneで撮影した動画作品で、しかもしっかりできているものがけっこう見つかります。
 たとえば↓これ。きれいですね。まぁ、つくってる人のセンスが良いんだと思いますが……。
 
 

iPhoneだけでつくる動画 | 最期も地球にやさしくありたい。エコな棺に入って瞑想体験... - YouTube
 
 
 数年前から、高校生のあいだで「バカッコイイ」というテーマで、文化祭の企画や卒業記念に動画を制作するのが流行ってるらしいですが、↓のものはiPhoneだけで撮ったようです。編集はパソコンでしてるのかな?
 
 

【iPhoneだけで撮った】男子高校生のばかっこいい日常 by TKG .wmv - YouTube
 
 
 

モチベーションを上げるためのリンク

 iPhoneでの動画撮影、iPhone及びMacでの動画編集を練習するモチベーションを上げるために読むとよさそうなリンクをまとめておきます。


 iPhoneで撮影された動画のお手本
 世の中には、iPhoneですごいかっこいい動画を撮っているプロがいて、そういうのをまとめてる記事もいくつかありました。こういうのを見るとモチベーションが上がりますね。
 
 iPhoneだけで撮影した映画やドラマがある?アカデミー賞だって夢じゃない!(昼刊) - たのしいiPhone! AppBank

 映画の予告編、iPhoneだけで撮影した映像がハイクオリティすぎる!! - iPhone女史
 
 iPhoneだけで撮影されたとは思えない「超」ハイレベルな動画まとめ | ピクスタアンテナ
 
 今日からあなたも映像クリエイター iPhoneだけで撮影されたステキな映像作品 動画あり - NAVER まとめ
 
 iPhone 5sだけで! Apple、Macの30周年記念日に世界10ヶ国で撮影した映像「1.24.14」を公開 : ギズモード・ジャパン
 
 iPhoneだけの動画編集が凄い!iMovieは神アプリ | Social Magician Makoto Sakata



 我々のような日常撮りで目指すべきところは、映画みたいなものではなく、以前あったAppleの↓このCMの少年みたいなやつかも知れないですね。
 残念ながらYouTubeの動画はもう削除されてるみたいですが。
 クリスマスなのにiPhoneを触り続ける少年を描くAppleホリデーCMムービー - GIGAZINE


 iPhoneiMovieの使い方
 iPhoneiMovieについては、この2つを見ればだいたいわかると思います。かなり簡単で、しかもけっこうクオリティ高いですw
 とくに、用意されてる標準の音楽がけっこうかっこいいんですよね。
 
 iPhoneで動画編集する方法 アプリiMovie(2.0)の使い方 | カンタン動画入門~撮影、編集、YouTubeにアップする方法まで~
 
 「iMovie」アプリを使いiPhoneで簡単に動画編集する方法 | HAYA技


 動画撮るときのコツみたいなもの
 雰囲気を出す編集にはあまり興味ないですが、カメラをなるべく動かすな、などのアドバイスが参考になりました。
 コツの指南はほかにもいろいろ記事があると思いますがまだあまり探してません。
 
 プロの映像クリエイターに聞く「惹かれる」ムービー制作のコツ : ギズモード・ジャパン


iPhoneで動画を撮っていく上で気をつけようと思ったこと

 私は単なる素人で、しかも動画撮影自体がニワカですけど、こんなことに気をつけたらいいんじゃないかと思った点を後の勉強のためにメモしておきます。
 上手い人にアドバイスを仰ぐのがいいとは思いますね。YouTuberの方々のブログとかみるといろいろ参考になることが書いてあると思います。私は、べつにかっこいい作品を撮りたいのではなく、日常の記録として見るに耐えるものを撮りたいというだけなので、最低限の注意点ぐらい分かってればいいかなと思ってますが。

  • カメラを動かしすぎない。さきほどリンクした記事でも説明されていましたが、なるべくカメラは動かさないぐらいの心がけがいい気がしますね。歩きながら撮ってもそこそこ綺麗に取れるし、そういうシーンが欲しい場合は撮ったほうがいいと思いますが、動きは最小限にしようという意味で。撮るときに思ってる以上に、見るときは変に見えるということを意識しておく必要がある。
  • 1つのクリップを最低でも10秒は撮る。過去にとったクリップを適当に掘り出してきてつないだりしてみてるのですが、「あと数秒長くとっておけば・・・!」ってのが大量にありました。1シーンで10秒〜15秒ぐらい撮るように心がけると、「あとで使える素材」が多くなる気がします。これも、撮影してるときは(周りの目が気になる状況もあったりして)さっさと撮影終了したくなってしまって、「もうけっこう長く撮ってる」と思い込んでしまうのですが、実際見てみると短すぎる場合は多いん。道端で何かを「15秒間」撮ってみるとわかりますが、後半の7〜8秒はとても長く感じます。この重みに耐えるんです。長すぎるぐらい撮って、あとでトリミングするように。
  • ピントを意識する。撮影しながら、画面の中をタップするとそこにピントが合いますが、これは意識的にやったほうがいいことが多い気がします。画面内で最も注目している対象や、あるいは画面の真ん中あたりを、あまり深くは考えず適当に数秒おきに押すぐらいがいいですね。オートフォーカスにまかせているとけっこう、ピントが不安定だったりするので。
  • タテ撮りはしないこと!Phoneを必ず横向きにして撮りましょう。これは超大事ですね。過去に撮ったクリップを整理していて、タテ動画だったときの残念さは半端ないです。後で使いようがないので。タテ撮り動画は撲滅しましょう。
  • 人間をちゃんと映すこと。これも整理してて気づいたんですが、人間が登場しない、たんなる景色みたいなクリップがたくさんあるんですけど、つまんないんですよね。人間は人間に関心があって、無意識下でも他人の存在を気にかけている動物なので、人間がちゃんと写ってる動画のほうがぜったい面白いわけです。顔とかも切れないようにね。